ふるいもの順。                            ←1月  トップ↑ 3月→



2月5日(木)

「寿司食べに行けんくなった。」


ここで言う寿司とは、もちろん回る方の寿司なわけですが。




2月3日、節分の日。

取り憑かれたように巻き寿司をむさぼり食いたがる一般庶民と

同じように、「スシー!ジャパニーズスーシー!」と片言の日本語で

朝から息巻いていたヨメ(取り憑かれ中)は午後3時、早くも

近所のスーパーの巻き寿司が売り切れている事を知り、

「オォ・・・スーシー、ウリキーレー・・・ザンネンデース・・・ダッタラ

モウ、タベニイクネ・・・スシ、タベニイクネ!」という事で、

寿司はいつでも食べたい派のおれと大筋で合意したのでした。


それから数時間後の事。

仕事終わりまであと1時間をきったあたりで、正気に戻ったヨメから

電話が入りました。


「寿司食べに行けんくなった。」

「なんで!」

「ヤツが熱出した。39度2分。」

「ぎにゃーん!!」


ついに来た。

周囲からは、生まれる前から

「病気するでー。夜中に病院走らなあかんでー。」などと

さんざん脅されていたのですが、9ヶ月間まったくそんな兆しもなく

全然余裕やーん。子育てカンターン!と余裕をかましていた所に、

突然その時は訪れました。

「とりあえず今から病院連れてくわ。」

「了解。」


そして「風邪か突発性発疹」と診断されたヤツはとてもグッタリして

いて、ほっぺたがとても熱くなっていました。

いつものように笑わせようとしてみても、無表情のままスッと目を

そらすだけ。とても哀しくなりました。




えーーっと・・・何だこれは。この日記は。

「我が子の初めての病気の記録」か!

こんなんでいいのか。どうなのか。

まぁそんなこんながあったんですけども、一晩経ったらほとんど熱も

下がって、昨日の夜にはご飯もパクパク食べるし笑うし動き回るし、

結局あの熱は何だったんだろうって感じなのです。


きっとあれか。節分だから鬼が来たってことか。

寿司も豆もマこうとしないおれのところへ、鬼さんがやって来た

ってことか。

鬼のアホ。パンチパーマ。

だったらおれも来年からはしっかり取り憑かれてやろうじゃ

ないのさ。

マーキズーシーマーキズーシ!マーメマーキーマーメマーキー!

これでいいんでしょ!





む。

しまった・・・。

鬼のヤロウ笑ってやがる・・・。(来年の事を言っちゃったから。)




2月7日(土)

先日の新聞に、名門灘中学校の入試テストの一部が掲載されて

いたので、ちょっとやってみたんですよ。数学の問題。

まぁ解けませんでしたね。

分数のややこしめの計算問題ぐらいなら出来るだろう、と思って

挑みましたが、途中で完全に行き詰って手も足も出なくなってしまい

ました。


こんな事覚えて、大人になってから一体何の役に立つ!とはよく

言いますが、その問題に打ちのめされた時にちょっと気付いてみた

のです。


人から教わった事を理解して、自分のものにして、応用する力。

これは社会に出てからも必要な事です。

その力をどれほど備えているのかを計る、または伸ばすための

材料として、数学は一番適しているのかな、と。


おれなんか勉強キライだったから(特に理数系)、いまだに

人に聞かされる説明ゴトとかって苦手ですもの。

聞いてるフリはうまいけど。


これがただの理由付けだとしても、せめてそう思えていれば

おれももっと数学がんばれたのに。とはやっぱり思いませんが。



家賃の引き下げ交渉、3月中旬までの確定申告、4月からの消費

税表示方式の改定、そしてこれからの店の事、などと頭を使う仕事

が目白押しで、おれの可愛らしい脳みその許容範囲をゆうに越え

てしまっている今日この頃。

どうやらおれはいっぱいいっぱいになると、間違って真面目っぽい

話題を取り上げてしまうらしい事が残念ながら今日の日記で判明。



2月10日(火)

おれってホラ、

わりと乳首とか敏感タイプのナイスガイじゃないですか。


最近の「ヤツ」は、とにかく何でもかんでも興味を示して、

初めて見るモノには、すごく嬉しそうな表情をします。

ヤツの喜んでる顔を見ると、それだけでこっちも嬉しくなります。

興味を示す割には、恐る恐る指でちょっと触ってみては様子を

伺う、みたいなビビリな一面も見受けられたりするのですが。


まぁそれはいいんですけど、お風呂場でおれの乳首に興味を示して

執拗に触りたがるのはちょっと、それはちょっと、なのです。


2月15日(日)

さて。

それじゃあバレンタインのお話でもしますか。1日遅れで。

朝から来る客来る客みんな買い取りばっかりのこんな買取サンデ

ーは、現実逃避して古き良き昔に想いを馳せるのが一番です。



というわけでタイムスリップ。

1986年2月14日、夕刻。

家の玄関にてチョコ発見。



当時丸坊主の中学生だったかねやん少年。

学校から帰宅後すぐにその衝撃の光景を目の当たりにしてから、

猛烈妄想一直線小僧に変貌を遂げるのに時間を要するはずも

なく。


家の玄関にてチョコ発見。



家は中学生のわりと帰り道途中



玄関はいつでもわりと開けっ放し。



誰かがうちに寄ってそっと玄関にチョコを置いて帰る事はわりと

可能。



あるはずもない心当たりが次々と胸中駆け巡る。



結論。

あの娘がおれの帰宅前におれの家に寄ってコレを置いてったんだ

間違いない!!


この間0.2秒。

どんな矛盾点の指摘も客観的意見も入る余地を一切与えません。


すぐさまソレを手に取って、母親に見つからないよう2階の自分の

部屋へと急いで駆け上がる。

まさに青春の1ページ。


まだ見ぬ一大イベントを前にして高鳴るドキドキと、階段を慌てて

昇ったドキドキが入り乱れて心臓はすでにオーバーヒート状態。

僕の胸のドラムがヘビメタを熱演している。(岡村靖幸)


意外と素っ気ないナイロン袋から、中に入ったチョコを取り出す。


チョコと一緒に入っていた小さなメモ紙を見つける。


読む。


書かれていた言葉は一言。







結婚してください。







ぎにゃーん!

何てアバンチュールな午後のひととき!

どこまで将来を見据えた初めての告白!


正直、それはまだ早いのでは?と思う冷静な自分もいましたが、

それも相手が誰かによりけりです。

相手によっちゃあ親御様への挨拶もいとわない覚悟の13才。

おれは今このスペシャルな告白を一体誰から受けているのか。

必死で差出人の手がかりを探してみたのですが、


無記入。


あかんやん!意味わからんやん!

何でどこの馬の骨子ちゃんかも分からん子と結婚させられなあかん

のさ!昔か!

と、部屋で1人、ドキドキしたり将来の家庭を描いたりズッコケたり

分かりにくいツッコミを入れたりしてるかねやん少年なのでした。




その後どんな経過を辿ったのかは残念ながらさっぱり覚えて

ないので、もう結果を書いちゃいますが、



あとで判明したそのチョコの正体は、







姉のいたずら。

ぎゃふん!

「ディオ!お前のくだらないキスがこれを狙っていたのならその

効果はお前の想像以上だぞ!」

とか何とか言ったジョナサン・ジョースターの気持ちが、その時

少し分かりました。



・・・バレンタインと言えば思い出す、失恋のようで全然そうでも

ない、そんな青くて淡い思春期のお話でした。


皆様はどんなバレンタインデーを過ごされましたでしょうか。

あれから18年、すっかりおっさんになったおれは、ヨメからロッテの

ドラえもんチョコを頂きましたとさ。





LOTTE ドラえもん ハートフルハート



2月17日(火)

よっしゃー!仕事するぞー!

(1ヶ月ぶりの休みを明後日に控えて俄然やる気が出てきた。)

でもその前に日記書こっと。



大人になると、叱られる機会って減りますよね。

会社員ならまだしも、今のおれには上司とかいないので、叱られる

事ってないんですよ。しいて言えばヨメぐらい。

おれは人から指図されたり叱られたり、指図したり叱ったりっての

が得意ではない上下関係シャットダウン派のダメ大人なので、

それはそれでいいんですけども、

「疑似叱られ」っていうのにちょっと快感を覚えてしまってるような

フシが見られる昨今なのです。

ブラウン管越しに(って言葉はもう無くなるのかな)、

「話になりませんね。」

「それが大人の言う事ですかね?」

「考えが甘すぎます。」

などと次々に浴びせられる厳しいお言葉に、

「ごめんなさい!ごめんなさい!」と悶えながら毎週釘付けになって

しまっているのです。

好きな人ならもうお分かりでしょうか。

その番組はそう、「マネーの虎」。

我が家では去年の秋ぐらいから、遅すぎる一大ブームを巻き起こし

ているんですけども、それが今年3月いっぱいで終了してしまうらし

い事を知って、とても悲しんでいるのです。


これからはおれのこの「疑似叱られたい欲」をどう処理すれば良い

のでしょうか。

そんな”無類の疑似叱られ好き”のおれを、どなたか厳しく疑似叱っ

てくれる方はおりませんか。

お客様の中に、かねやんを疑似叱れる方はおりませんかー。

お客様の中に

「いいからとっとと仕事しなさい。」

はい。



2月20日(金)

散髪して間もない頭で福井に帰ったら、

母と、母の妹と、友人に可笑しみを提供する事ができた。


可笑しい(おかしい)

(1)笑いたくなるような面白さがある。滑稽である。

(2)普通でなく奇異な感じがする。異常だ。変だ。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


大阪の最先端のヘアスタイルは、福井では受け付けられない

らしい。

そりゃ自分でも、登場したての「孫 悟飯」じゃないんだから、と

思ったけれども。(じっちゃんじゃない方ね)



2月22日(日)

味付け海苔が好きです。

食後のおやつに、むしゃむしゃ食べるのが好きです。

かつお節も好きです。

食後のおやつに、むしゃむしゃ食べるのが好きです。


食後にいつも口寂しくなるので、タバコを吸わないおれは

スナック菓子なんかをボソボソと食べながらコーヒーを飲んだりして

いるのですが、そろそろ体のことも考えないとなぁと思うので、

お菓子よりはヘルシーそうなものをつまんでは食べています。

キャベツの千切りとか、もやしの茹でたのとかも試してみましたが、

口寂しさの代わりにホントの寂しさがよぎりまくったのでやめまし

た。


食後のデザート、食後のコーヒー、食後の一服。

あなたはどんなもので食事を締めたいですか?

おれは今日も、服の上にこぼさないように細心の注意を払いながら

むしゃむしゃと食後のかつお節を愉しむのです。




←1月  トップ↑ 3月→


【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース